Iphoneの主な修理内容はこんな感じです

ガラケーと呼ばれる日本式の従来の携帯電話に成り代わり、今ではIphoneなどのいわゆるスマホと呼ばれるような端末が普及してきています。
しかしそれを利用する人が増える一方で故障したと嘆いて修理屋さんに依頼する人の数も大幅増加してきています。
なんでガラケーではさほど多くなかった故障がこんなにも多く激増しているかと言えば、以下の点でが主な故障原因となっています。
まず1つ目は画面が割れるなどの故障となります。
そしてそれに関連して水没させる故障となります。
この2つの故障のほとんどは利用者の不注意となります。
屋外でも屋内でもどこでも使えるのがこの端末なメリットですが、一方でこの端末には落下防止対策用のストラップが取り付けられないという致命的な構造を抱えています。
今後の改善はストラップが取り付けられるようにすることが至上命題となりますが、メーカー開発側は未だそれは眼中にようであります。
もう1つのIphoneの主な故障修理内容はボタンを押しても反応しないという点です。
これは5型では電源スイッチだけでなく、それにつながってるケーブルも故障しているからです。
これは利用者側の注意だけではどうしようもない問題となります。